セサミンとアンチエイジングについて

セサミンは、アンチエイジングに効果があるといわれています。

アンチエイジングとは、老化を防止して、若々しく、女性は美しくあるということで、永遠のテーマとなっています。

老化のメカニズムとしては、わたしたちは呼吸をして生きて行っているのですが、呼吸により体に取り入れられた酸素は、体の中の栄養成分に働きかけてエネルギーとなりますが、全てエネルギーのために使用されるのではなく、活性酸素という形で残ってしまいます。

この活性酸素というのがやっかいな性質を持っていて、量が増え過ぎると、体の中の脂質と反応して細胞を傷つけるという作用を起こします。

その結果、体中にさびの状態を作り出すことになります。

これは、果物のリンゴを切った後、そのままにしておくと酸化して茶色になるのと同じような現象となります。

このようになった体が老化に結びつくことになります。

そこで、セサミンを含んだ食品やサプリメントは、酸化を防止する作用を持った栄養素が含まれていますので、摂ることで老化の要因となる活性酸素を抑制します。

セサミンのアンチエイジング効果は、古代から知られていました。

セサミンはゴマの中に含まれる栄養素ですが、古代エジプトのクレオパトラは、ゴマの原産地といわれていますアフリカの東部にあった国からゴマ油を取り寄せて、食用や化粧品として使用していたそうです。

ゴマの中には、ゴマリグナンが含まれていて、セサミンはゴマリグナンの一種でゴマの中には一番多く含まれています。

ゴマには、リノール酸やリノレン酸といった脂肪分が50%程度ありますが、これらの脂肪分は酸化しやすいのですが、ゴマ油は他の油と比べても酸化しにくいのが特徴です。

これは、ゴマリグナンには抗酸化作用があるからです。

抗酸化作用は、体の中に溜まってしまった活性酸素を取り除くことで、体全体にあるさびを落として、老化防止のアンチエイジング効果が見込めます。

その結果、若々しい肌を取り戻す、疲労が軽減される、がん細胞を死滅しやすくなる、などと非常に有効です。

セサミンを効果的に摂って、せひ、美容と健康に役立てたいものです。